短期間 肉体改造 筋肉増強剤

短期間の肉体改造には筋肉増強剤

肉体改造という言葉がありますが、これは短期間に体を筋肉質に変化させるという意味で使われています。

例えば、プロ野球選手がオフシーズンの間に肉体改造トレーニングをして話題になることが多いですね。

 

有名なのがプロ野球の清原和博選手で、1999年のオフに肉体改造を行い、格闘家のような体になりました。その結果、打球の飛距離はかなり伸びて看板にぶち当たるホームランを何本もかっ飛ばしました。
(この時清原選手が筋肉増強剤を使ったという噂がありますが、この肉体改造はマスコミからも注目されていましたし多分違うでしょう)

 

清原選手のような有名プロ野球選手じゃなくても、肉体改造を考えている人は多いと思います。

 

肉体改造と言っても、やることは効果的な筋トレ・最適な栄養補給という誰でも知ってる当たり前の作業をこなすだけです。

 

人によっては、それをこなすだけで肉体改造に成功する人もいます。

 

しかし、中にはなかなか筋肉が付きにくい体質の人や、どうしても短期間に筋肉を付けたい人もいるはずです。

 

そんな人は従来通りの方法では肉体改造は難しいでしょう。

 

おすすめなのが「筋肉増強剤(アナボリックステロイド)」です。

 

筋肉増強剤を使えば、通常の3倍程度のスピードで筋肉が付くと言われています。
筋トレしてプロテイン飲んでの繰り返し…が馬鹿らしくなるぐらいのスピードです。

 

しかし、筋肉増強剤には副作用があることは誰でも知っていますし、だからこそ日本では使用者はあまり多くなりません。

 

ただし、副作用に関しては、多少誇張があると思います。

 

例えば、お酒です。
いくら飲んでも平気な人もいれば、ちょっと飲んだだけで気分が悪くなる人もいます。
大量に飲んだら、急性アルコール中毒で死ぬ人もいますが、普通に飲んだだけですぐ死ぬ人はいません。
長期的に飲み続けると、肝硬変・肝臓がんを引き起こす可能性がありますが、飲酒する人が絶対にそうなるとは限りません。

 

筋肉増強剤も同じで、個人差が大きく、一概に副作用が大きくて危険というわけではありません。また、摂取量が適量であれば、急性中毒になる可能性は小さいです。

 

また、お酒もワインや日本酒などの種類があって、人によって好き嫌いや合う合わないがあるのと同じで、筋肉増強剤にも様々な種類があって、自分に合う商品を選ばなくてはなりません。自分に合う商品を知れば、より効率的に安全に使い続けることができます。

 

一方、筋肉増強剤は入手経路が限られます。
筋肉増強剤は注射薬と経口薬(飲み薬)がありますが、初心者は入手しやすい経口薬を使ってみるとよいでしょう。

 

経口薬筋肉増強剤はコチラのページ「安全な筋肉増強剤」で解説しています。

 

肉体改造には絶対に筋肉増強剤が必要とまでは言いませんが、選択肢の一つとして考えてみてはどうでしょうか。